つまりこの状況では事故を起こした方が9割

-

-

自動車事故は自分自身だけの事故と誰か別の人に迷惑をかけた自動車事故がございます。

己だけの事故の状況では、自分だけで事故対応をしたら終了となりますが他人に迷惑をかけた自動車事故は互いにどの割合で過失が存在するのかをチェックしてそれにより修復の費用や和解金などが決定しますので保険屋さんの専門家を交えての協議が欠かすことが出来ません。

普通の自動車の事故の際互いに少しは間違いがある状態が大部分で片方だけのミスが問われるという状況はほとんどありません。

もちろん信号無視や一時停止無視などの交通違反によって起きた事故は大きな責任がありますが、被害を受けた人であっても不注意があったと指摘されます。

車の事故の場面では誰の過失が原因で起こったかという結論が非常にポイントになりますので、この結果を当事者に分かりやすく表したものが《過失割合》になります。

ひとつの例として、先ほど登場した赤信号無視や一時停止しなかった場合であるならば、法律の規則上相手方に完全な責任があると見えますがもし事故の原因になった自動車が正面からこちらに向かってきていて目で見て確かめられた場面だとすると被害者だったとしても注意不足であったとして1割りぐらいの過失があると言われる場合もあります。

つまりこの状況では事故を起こした方が9割、事故に巻き込まれた人が1割過失と決められ数字が大きい方に大きなミスが問われる事になるのです。

もっといえば自動車での事故の過失の割合昔の判例を元に結論付けられることが大半で、日弁連の交通事故相談センターから明らかにされている基準のようなものがものさしとして用いられています。

この過失の数値が大きければ大きいほど落ち度、結果的に損害賠償額も大きくなってしまうので、事故後の交渉は本人達だけでなく自動車の保険の係りの人を交え冷静に交渉することが必要です。


Site Menu

リンク

Copyright © 2000 www.db90studio.com All Rights Reserved.