そうであっても

-

-

現実にノートPCの前に座って絶えず変動している為替レートを見ると、何となくエントリーをするという思いに追い立てられる状況も少なくないだろう。仕事 辞めたい アフィリエイト

だが、不確かな思いつきで売り買いをするのは、絶対に避けてほしい。

知っての通り、外国為替相場は終日、いつでも為替相場は変動しているし相場も常に動いています。

そうであっても、考え無しに取引を積み重ねるとその回数だけ損失を被る確率が高まってしまう。

もちろん、売買の数を経験することによって、じょじょに勝つ確率か半々になるのは周知の通りです。

けれどもこの事実は「漠然としたインスピレーションで注文」してしまうこととは話が違います。

トレード回数を積むという意味は、自ずから「ここは勝てる」と考える勝機を得た場面での売買回数を積み重ねるという事です。

ただ何となく、のべつ幕なし売り買いを経験するのとは全く異なります。

外国為替市場の駆け引きに臨むには、自ずから意識してメリハリをつけることこそが重要です。

「ここは勝てる」と思った市場の時には、覚悟を決めて保持ポジションを買い増して徹底的に利益を追求します。

「悩ましい為替相場でどう変化するのか予想できないな」と思案した時は潔く所有ポジションを全部閉じて何もしない。

それぐらいのメリハリがあったほうかトレードは勝利します。

外国為替相場の名言には「休むも相場」というものがある。

まさに言葉どおりだと感じます。

相場とは休みなく売買ポジションを所持する事が全部ではなく、ポジションを保持せずじっと見ていることも、相場です。

それでは、どのタイミングで休めばいいのでしょうか。

ひとつは、前に述べたように、直近の為替相場がはっきりと判断できない時です。

現状から上がるのか下がるのか明確でない時は、何も考えず行動すると、自ら作り上げたシナリオとは反対の方向に外国為替市場が推移してしまい、損をする事になります。

こんな時はポジションを閉じそのまま何もしないで様子をみるのが唯一出来る事です。

次に、自分自身の健康状態がよくない時です。

体の調子とマーケットに影響ないと思う方もいると思いますが現実には案外つながりがあります。

体の具合が変な時は、外国為替相場の肝心な場面で冷静な決断を下すことが難しくなります。

関心がわかない時は外国為替相場から目をそらす事も大事な事です。


Site Menu

リンク

Copyright © 2000 www.db90studio.com All Rights Reserved.